2018年03月30日

コバノミツバツツジが咲きはじめました!

春らしい天気の中、防鹿柵の見回りとコバノミツバツツジの開花状況をチェックに行きました。
まだ3月というのにソメイヨシノは満開。今年は開花が早いようです。
DSC_1678.JPG

DSC_1679.JPG
ハクモクレンも今年は花付きが良いですね。


コバノミツバツツジはというと…
DSC_1693.JPG

DSC_1684.JPG
DSC_1687.JPG
場所によってはかなり咲いていますが、満開まではもう一息。
今週末〜来週あたりの4月初旬が見ごろだと思います。
設置した防鹿柵は異常なしでした。


コバノミツバツツジのトンネルの中です。
DSC_1699.JPG
開花はまだの様子。
来週ご報告したいと思います。


尾根から宝が池におりると、例の餌付けされたシカが3頭…。
シカはすっかり「人から餌をもらえる」と思って、近づいてはおねだりして驚かせたりしていました。
「エサをあげないでください」の看板が立っているにもかかわらず、餌をあげている人もいました。
エサはビスケット…。公園内の売店で売っているものではないようですが…。
シカは草食動物なので、バターやミルク、卵などが入っていると、体に悪いので心配です。
いやいや、草でも餌はあげちゃダメです!
先日、3月29日(木)の京都新聞には、宝が池公園でのシカの餌やり問題が取り上げられました。京都市も「餌やりはやめて!」と呼びかけていますが、立て看板だけでは抑止力が弱いようですね。
皆さん、悪気があるわけではなく、シカをかわいがりたいという気持ちで餌をあげているので、説明すれば理解してはもらえると思いますが、一日中立って見張っているわけにもいきませんし、難しいですね。
とにかく、餌やりを見かけたら注意するようにしましょう!

DSC_1712.JPG
↑「エサをあげないで!」看板のまわりでウロウロするシカ。

 
さて、宝が池の方はというと、
ブラックバスの産卵時期のせいか、群れて泳ぐバスの魚影をいくつか見かけました。
浅瀬にはコイやブルーギルが藻をつつきに出てきていました。
外来種&大きくなりすぎなコイ…。森も池も、宝が池の問題は山積みです。
しかし、この日はイシガメや大き目なギンブナ(死体でしたが…)を見ることができました。
池の国際化が進んでいるなかで、こうした在来種に出会えるのはうれしいことです。

DSC_1698.JPG
↑法の字からの眺望。
●4月14日(土)ふらっとウォッチング 午後13時〜(桜の森入口集合)
 一緒に法のまでハイキングにいきませんか?どなたでも参加OKです!申し込みも不要★
 14日なら、まだ、コバノミツバツツジが見られると思います!
 おまちしています★
posted by takaranomori at 18:48| Comment(0) | 日記

2018年03月09日

防鹿ネットが完成しました!

3月2〜4日、防鹿柵の設置を行いました。
3日間の参加人数は、延べ80人となりました。
宝の森をつくる会、京大、京都府立大、京都学園大の皆さん、地元からご参加いただいたみなさん、関係者の声がけで活動に来てくださった皆様、おつかれさまでした!
作業に携わった皆さんと高柳先生の丁寧な指導で、たるみの無い美しい防鹿柵を設置することが出来ました。高柳先生からも「これなら、シカをしっかりと防ぐことができるでしょう!」と、太鼓判。
もしかしたら、今年の春からでも少し効果が見られるかもしれません。


●3月2日の様子

IMGP1340.JPG

IMGP1343.JPG

IMGP1345.JPG
支柱が設置されました。


●3月3日の様子
DSC_1150.JPG


●3月4日の様子
3日目は扉の取り付けと、残った部分のネットの取り付けを行いました。
IMGP1355.JPG

DSC_1154.JPG

DSC_1162.JPG

DSC_1163.JPG

DSC_1171.JPG

DSC_1169.JPG

DSC_1173.JPG

DSC_1174.JPG
記念撮影!お疲れさまでした!!

DSC_1176.JPG
作業が午前中で終わったので、午後からは有志で残ってネット内の落枝を整理しました。

コバミツのトンネルは、春、4月のはじめになるとピンク色のキレイな花がたくさん咲きます。
それはとても美しい景色で、私たちは毎年それを楽しみにしていました。
ここ数年の、増えすぎたシカによる影響で、花はすっかり減ってしまっていました。
柵の設置によって「コバノミツバツツジの咲く妙法の山」そんな風景を残すせることを願っています。

この森の現状を知った多くの皆様からご寄付をいただき、宝が池の森保全再生協議会が中心となり、地域の皆様や学生さん、研究者やたくさんのボランティアの皆様と一緒に、この柵を設置することができました。
ご通行の皆様には、森の中に突然扉ができて「邪魔だな」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、趣旨をご理解いただければ幸いです。

今後、このネットに、ご寄付いただいた皆様のお名前を記した記念ボードや防鹿ネットの説明(FAQなど)を設置してゆく予定ですので、ご通行の際にはぜひご覧になってください。

●このプロジェクトはこの尾根だけでなく、宝が池の森全体の自然を保全することを目的に、今後も活動してゆきます。引き続き、ブログも見てくださいね!!
posted by takaranomori at 22:07| Comment(0) | 日記

2018年03月01日

資材運搬

DSC_1037.JPGDSC_1036.JPG2月26日
資材運搬を行いました。
野鳥の森から上がれるところまで車で運搬し、残りは人力で!
DSC_1031.JPG

人海戦術で沢山あった資材も、一時間ほどで運搬完了。
扉がものすごく重たいです。
DSC_1038.JPG

時間が余ったので、次回の準備です。
支柱の軸になるパイプに、印をつけています。土中に打ち込む深さ80センチのところに線を引いています。
DSC_1039.JPG

高柳先生から作業手順をレクチャー。
1,茶色の支柱にネットを取り付ける為の金具を装着。
※下から2メートルの位置につける
※蝶ネジはペンチか専用の工具を使用してしっかり締める。
2,支柱位置に先程のパイプを打ち込む。
※支柱位置には青い棒が立っている。
※マキタさんから借りる電動ドリルを使って、地面に下穴をあけます。が、ドリルは40センチまでなので、残り40センチはハンマーハンマーでがんばります。
3,打ち込んだパイプに、茶色支柱を被せる。
4,ネットを金具にかけてゆく。
5,ネットのスカート部分をペグで留める。
6,扉をつける

と、こんな感じの流れだそうです。
実際に、扉を立ててみました。
DSC_1044.JPG
こんな感じで扉が立ちます。
まぁまぁな迫力…。シルバーの色が目立つので、茶色く塗装する必要がありそうです。
こんなことをしている間にも、トレイルランニングの方やハイキングの方が通ったりしました。
人通りはそれなりにあります。急に扉ができると、驚かれる人もいらっしゃるので、やはり、丁寧な説明板が必要ですね。

DSC_1046.JPG

運んだ資材をブルーシートでカバーし、使用許可証を張り付けて作業終了!
午前中で終えることができました。

次回はいよいよ柵の設置です。
今日ぐらい人が来てくれれば、作業も順調にすすむと思います。
柵の設置日は
3月2,3,4日 9時に子どもの楽園管理事務所に集合です。
お持ちの方は、ヘルメットと軍手をご持参下さい。
お弁当と飲み物もお忘れなく。
※天候不順の場合は、当日7時の天気予報で、開催の有無を判断します。

posted by takaranomori at 02:00| Comment(0) | 日記